2019年 特産品・笠戸レモンを食べて育った、爽やかな旨味のとらふぐ「レモン笠戸ふぐ」の開発

2019年9月 山口県ビジネスクイーンコンペティション大賞受賞

笠戸島の漁師が水揚げしたばかりの魚をふんだんに使った海鮮丼をメインにした飲食店を作りたいと思いコンペに参加しました。
飲食店の開業は、新型コロナウイルスの流行もあって現在はストップしていますが、また違った形で地域の情報発信や経済活動に寄与できるようなしくみ作りをしたいと考えています。

2020年4月 獺祭の酒造副産物(獺祭焼酎粕)を活用した、とらふぐの養殖をスタート!

レモン笠戸ふぐの活動をきっかけにして、さらなる山口県らしい特産品の開発に向けて新しいチャレンジが始まりました。

2020年10月 笠戸島エールプロジェクト立ち上げ

赤潮に襲われたふぐの養殖筏の様子

2020年9月中旬に起こった赤潮により、笠戸島海域の養殖とらふぐが壊滅的な被害に遭いました。

2020年11月20日から2021年1月5日までの46日間で全国の多くの方からたくさんのご支援や応援メッセージをいただきました。また、メディアやインターネット上でも話題となり、クラウドファンディングを通して笠戸島のとらふぐ養殖を全国の皆様に知っていただくきっかけにもなりました。

2021年6月 支援金で購入した稚魚


全国から集まった支援金でとらふぐの稚魚を購入し、被害に遭った養殖事業者に贈りました。
赤潮被害の直後は養殖事業の継続も危うい状況でしたが、皆様からの応援やご支援が復興の後押しとなり、被害に遭った事業者全員が今もとらふぐ養殖を続けています。

2021年3月 レモン笠戸ふぐの商標登録が確定しました

2021年3月~ クラウドファンディングのリターン(アクティビティ)を開始しました

体験型のリターンを提案したのは、島の漁業に興味を持っていただき、笠戸島の海や魚を好きになってくださる方が増えればという想いからです。

たくさんの方が定置網見学や餌やり体験・笠戸島一周クルージングなどに参加してくださいました。
実際に体験をされた皆さんは大人も子どももみんな楽しそうで、声をそろえて「こんな体験はなかなかできない!」「楽しかった」と喜んでいただきました。

また、笠戸島への交流人口を増やすための観光イベントにも選定していただき「下松市農山漁村ツーリズム協議会」の委員としても関わらせていただいています。

定置網見学
餌やり体験
クルージングの寄り道(ふぐの餌やり体験)
ふぐの餌やり体験

令和3年度 公益財団法人YMFG 地域企業助成基金の新ビジネス部門で受賞しました

事業名:「獺祭」の酒造副産物を利用したとらふぐ養殖とマーケティング事業による地域漁業の活性化

笠戸島の漁業が抱える課題を克服し島の活性化を目標に、これまで個人事業の養殖事業者には難しかった生産から販売までの一気通貫した事業モデルの構築を目指し、準備を進めています。