定置網漁で獲れた小さなSABAを生簀に入れ畜養しています。
丸々と太り、脂の乗ったSABAは11月ごろから気温が下がってくると、とても美味しくなります。
出荷前のSABAは、給餌を止めて余分な脂を落とします。また通常はアゲ(エラ)を折るだけの処理ですがfuku×fukuやまぐちのSABAは、神経絞めを施してから出荷しています。